SSブログ

DVDにダビングした映像が小さく表示される [ブルーレイ]

本日はブルーレイディスクレコーダーのサポートです。

ソニーのブルーレイディスクレコーダーで作成したビデオ映像(x-pict stoy HD)。
ブルーレイディスクレコーダー本体から再生すると、画面ぴったりにビデオが表示されます。
ところが、DVDにダビングしたところ、画面がひとまわり小さくなってしまいました。

機種名:BDZ-L95
DSC07400.JPG

状況を確認しました。

・DVテープからブルーレイディスクへダビングしたビデオ(画像横縦比4:3)と、x-pict story HD(画像横縦比16:9)をタイトル結合した。
・ブルーレイディスクレコーダーで再生すると、x-pict story HDは16:9で表示される。
・DVDへダビングすると、x-pict story HDが4:3の画像横縦比に変わってしまう。

 

この症状について、ソニーのQ&Aに記載がありました。

Q&A ダビングに関するご注意
http://www.faq.sonydrive.jp/faq/1040/app/servlet/qadoc?026816

こちらによると、

・ダビングしたいビデオ映像の画面横縦比が、16:9と4:3の混合である場合。
・DVD-RW (ビデオモード)またはDVD-R (ビデオモード)を使って
・ダビングモードを「EP]または「LP」に設定すると、
・16:9の画面横縦比が4:3に変換される。

さらに、
ブルーレイディスクレコーダー本体からDVD+RW、DVD+Rにダビングする場合は、常に 4:3 でダビングされるようです。

今回は画像横縦比16:9と4:3のビデオを、タイトル結合でひとつのビデオにしていましたが、別々のタイトルであっても、4:3に変換されていました。(当店のBDZ-A70で確認)

DVDにダビングする際は、使用しているDVDの種類はどれか(DVD-R,DVD+Rなど)、そしてダビングモードが何に設定されているかに注意が必要です。

ちなみにブルーレイディスク(BD)へダビングする際は、そのままダビングされるので、けっこう簡単ですよ。

kinpachicon.gifいまころ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます